こんにちは。YYC事業部、チームきりんの野口です。

Diverseでは今期から組織体制が事業部制に変わり、YYC事業部では2つのチームに分かれて開発を行うことになりました。

4月からYYCに関わることになった人も多い中、チームの親交を深めるためクッキングバトルが行われることになりました。

setsumei
(編集者注:↑ このイケメンライクな人物がYYCの責任者です)

説明しよう!
クッキングバトルとはYYCに新しく設立された2チーム
チームねこチームきりんに別れて、献立の作成から料理を行い、その料理の出来栄えを競う、熱い、熱い闘いなのである。

チームきりんでは前日に密会を行い、献立と作業の割り振りを行いました。
最初は何を作るかのアイディア自体もなかなか出なかったのですが、最終的には作りたいものが多く集まり、その中でそれぞれのスキルレベルやモチベーションにに合わせた分担を行い担当を決めました。
結果
  • 煮込みハンバーグ
  • 鶏肉のコーラ煮
  • コブサラダ
  • アスパラベーコン
  • もやしのナムル
  • ガーリックシュリンプ
  • コンソメ卵スープ
  • 豆腐キムチ

等を作ることになりました。
計画としては明らかに時間のかかる煮込みハンバーグの最初の準備を皆で行い、その後焼いたり煮たりしている間にそれぞれの分担に別れて作業を行うといった想定で考えました。

そして当日・・・
転向はあいにくの雨でしたが、先にタクシーで会社を出たチームねこよりも早く電車で会場に到着したチームきりん。
開始までも勝者インタビューの回答を考える等、勝利に向けた準備を怠らずに待っていました。

会場の利用方法の説明を全員で聞いた後のクッキングバトル開始!
最初は両チームとも少数を会場に残し、足りない素材類の買い出しにでかけます。
買い出しをしていると既にとてもお腹が空いてしまい、今から作るのか。。。と憂鬱になってしまったのは内緒です。

買い出しから戻って作業開始!
作業スペースの問題で全員でハンバーグを用意するという予定は難しくなり、予定とは違う形になりましたが分担をして作業を行いました。
予定とは違う形だったのにも関わらず、各自が自主的に新しい作業分担に別れ、作業を行うことが出来ました。
料理中は普段見れない各メンバーの顔を見ることが出来ました。
予定した料理のアスパラベーコンがアスパラに変化したりはしましたが概ね予定していたものを作ることが出来ました。

konekone

kobu

そして実食。
料理によっては完成から、実食までの間が大きく空いてしまい、温かい料理を食べてもらうことが出来なかったりといった料理の難しさも感じましたが、美味しく出来たと思っています。

しかしながら相手チームの作った料理もなかなか美味しい。
まぁ、でも僅差でこちらの勝ちかな!と思いながら食べていました。

そして審判の時。。。
なんとチームねこの勝利。。。
負けてしまいました。。。。

 zannen

win


辛い。。。辛い中理由について聞くと
「ストーリー性が足りない」
ということを伝えられました。
ス・・・トー・・・リー・・・
確かに全体の調和的なところに対する意識がかけていたのかもしれません。
悔しさを糧に次回の勝負(いつかあるよね・・・)の勝利を誓いあったのでした。

普段見ることの出来ないメンバーの一面を見ることが出来たり、普段とは違う共同作業を行う事ができとても有意義な会だったと感じています。
チームきりんでは今後ストーリー性のあるチーム作りを目指して行こうと思います。