こんにちは!広報担当 なみこです。
前回のワイルドな雰囲気の土屋さんからバトンを受けて、婚活パーティYUCO.(ユーコ)でイベントプロデュースをしている大石さんにインタビューさせていただきました。 
YUCO.イベントプロデューサー大石さん
- こんにちは、貴重なお時間をいただきありがとうございます!
直接的な業務の関わりがなかったので、改めて色々お聞きできれば幸いです。

― それではまずはじめに…客観的に自分を説明するとどんな人ですか?

oishiえー!最初から、いきなり難しいこと聞きますね!
そうですね…。いつも「明るいね」とか、「ムードメーカーだよね」とは、よく言われます。
小さい頃からずっとサッカーをやってきたので、チームで何かをすることは好きですし、得意な方だと思います。


― チームの連携が婚活パーティの雰囲気作りにはとても重要だと思いますので、まさに適任ですね!
それではこの流れで仕事に関することを引き続きお聞かせいただきたいと思います。

婚活パーティーを、より楽しく、より明るいものに変えていきたい

― YUCO.では、どういったところを担当していますか?
 
oishiパーティーの企画立案や運営をしています。
過去の傾向を分析しながら、どんなパーティーだとたくさんの人が参加してくれるかな、などと考えながら企画を出しています。
特に最近は、他社とのタイアップ企画と、関西エリアの統括が主な仕事です。

YUCO.は東京、大阪、福岡でパーティーを開催しているのですが、地域ごとに集まる人の層が明らかに違う傾向があるので、企画のしがいがありますよ。

― YUCO.は今年の6月に大幅リニューアルをしてサービス名も変わりましたよね。

oishiそうですね。YUCO.は以前、youbride party(ユーブライド パーティー)という名前で運用していましたが2016年6月に大幅リニューアルを行いました。(参考記事

婚活パーティって聞くと、「古くさい」とか「行くことが恥ずかしい」「行ってもいい人がいないんじゃないか」っていう印象が先行しているのは、調査結果からしても明らかでした。

ただ、「行ってみたら楽しかった」、「素敵な人に出会えた」という意見もあるのも事実なんですよね。
なので、婚活パーティーの印象を変えていくのが大事だと考えました。

― 婚活パーティーの印象を変えるために、サイトをリニューアルしたのはなぜですか?

oishi企画内容を考え直していくのはリアルイベントが主力のサービスとしては当たり前なのですが、パーティーに行くまでの道筋を考えたときの入り口がYUCO.はサイトでした。

そうなってくると、まず最初にユーザーが触れることになるサイトを変えることは、全体の印象を変えていくために重要なことだったんです。

― それでデザインを改めて、サービス名も思いを込めてつけ直したのですね。

oishiはい。サービスはYUCO.が目指したいものから作られていて、
YU(you,あなた)=参加者1人1人が主役の
CO(共に)=アウェイを感じず、ホームのように過ごせる場で
 .(ピリオド)=好きな人と出会い幸せに
という思いが込められています。

婚活をしてみようかな?と考えている人たちには是非、YUCO.を通じて「気軽に」参加できて、「本当に好きな人が見つかる」パーティーを体験してほしいと考えています。

自分自身にとっても結婚支援事業に携わることって、少子高齢化の深刻な問題に対する解決策のひとつだと思っていて、大義を感じながら担当をしています。
その思いが届くように、今後も頑張っていきたいと思っています。

― 仕事に対しての情熱が伝わってきました!引き続き、プライベートではどんなことに関心があるのかお聞かせください。

好きなことはサッカー!もっとお酒に強くなって、ゴルフは上手になりたい

カフェで仕事中
― 好きなことや、最近はまっていることは何かありますか?


oishiサッカーは小学校の頃から続けていて大好きです。タイミングが合えば試合にもでたりしています。
フットサルも好きですね。

一人でも知り合いのいないチームに参加することもあります。まったく知らない人同士でも、同じ体験を通して味わう一体感好きなんです。

あと、新しく練習していることといえばゴルフとお酒ですね。
お酒の席は好きなのですが、グラス一杯で酔いが回ってしまうので…どうやったら強くなれるのかと、試行錯誤中です。
いいお酒の上達方法があったら教えてください(笑) 

ゴルフも最近はまりはじめましたが、まだここ1年ぐらいの経験しかありません。
父がゴルフが好きなのもあって、実家に帰ったときに共通の趣味の話として盛り上がれたことが嬉しく思いました。
家族とのコミュニケーション手段としても、今後もっと上達していきたいと考えています。

それに、大自然の中で気分転換できるところや、普段接点が少ない会社の人たちとコースを巡りながら話をできることも楽しみのひとつだと思いました。

以上で、大丈夫ですか?

― どうも、ありがとうございました!

爽やかな雰囲気そのまま、話しやすく笑顔が素敵な大石さんでした!
みんなで盛り上がるのが好きということなのでお酒も強いのかと思いきや、グラス一杯で酔ってしまうとは意外でした。
「私はこうやってお酒に強くなった!」という秘訣があれば是非、大石さんまでご連絡ください。

次回は、Diverse技術研究所の研究員である岩本さんのインタビューです!
隠された意外な特技を披露していただきました。

それでは、お楽しみに!