こんにちは!広報担当 なみこです。
今回は、サービスのサポートを担当されている落合さんにインタビューさせていただきました。
DSC_7809
― ユーザーからの問い合わせを受け、サービスとの橋渡しを担う重要なポジションであるサポートの方に、普段のお仕事についてお聞きしたいと思います。

逆境が楽しく思えるポジティブ思考!後悔しない日々を送りたい

― Diverseのサービスは色々ありますが、どのサービスを担当していますか?
ochiaiサポートのメンバーは誰でも、全サービスの問い合わせの対応ができるような体制になっています。
その中でも担当のサービスを割り振られていて、そこに関してはより深く仕様を把握している感じです。


― サポートの中でどのような仕事をしてきましたか?
ochiai以前は個人認証の確認作業や電話対応もしていましたが、今はメールでのお問い合わせ対応が主になっています。
ポイントを押さえてわかりやすい内容で、メールを返す必要があるので回答の技術は上がったんじゃないかな?と、思います。

― チーム全体はどんな雰囲気ですか?

ochiai
大人数で連携して作業をしているので、チーム感が強いのが特徴だと思いました。
Diverseに入る前の私は、仕事とプライベートを分けて考えるところが多いタイプだったんです。
でも、今では周りの人がとてもフレンドリーで、心地よく業務に携われるのもあって、仕事終わりに毎週飲みに行くような関係が築けています。
とにかくみんな仲が良くて、和気あいあいとした雰囲気があります。
 
― サービスとユーザーの間で感じたことはありますか?
ochiaiそうですね…。
サービスの直接的な開発をしているのではないので、急な仕様変更に追いつくのが大変な時もありました。特に電話対応をしている時、実際に画面を操作をしながら、開発側に仕様の確認をしてお客様にお伝えする時が、今でも一番大変だったと思います。

ただ自分自身が、根っからのポジティブ思考なのもあって、問題を乗り越えるのが楽しく思えたのは性格的にも今の業務が向いてたかな、と思えるところですね。

後は、サービスごとの目的の為に仕様が変わっていくのもわかりつつ、お問い合わせを受けた内容にもどちらにも共感する立場なので、お伝えするのが心苦しく思いながら対応したところもありました。

― サポートをやっててよかったと思えることはありますか?
ochiaiサービスの意見も、ユーザーの意見もどちらも聞いた上で自分の考えを言えるようになったのは、物事の判断を平等にできる学びになったなぁと思います。
片方の意見しか聞いていないと流されてしまうので、この受け止め方は色々活かせると思います。

きれい好きで料理好き。ネイルの腕はプロレベル!

DSC_7806
― 落合さんの個人的な魅力を教えてほしいです!自慢できることとか何かありますか?
ochiai自慢できることかどうかはわかりませんが…一人暮らしをはじめて4年ぐらいですが、家で食べるご飯は必ず自炊しています。コンビニやスーパーのお惣菜は片手で数えられるぐらいしか買ったことがないですね(笑)
いつも作り置きをしてますし、家に残っているものでパパッと作って食べちゃいます。


― 目から鱗過ぎて…爪の垢を煎じて飲むレベルの尊敬です!

― その話を聞いただけでもう、家の中キッチリしてるんだろうなぁと言う印象!

ochiaiそうですね。確かにきれい好きです。
無駄なものが好きじゃないので、家の中も必要なものだけある感じですね。
ホコリとかあると許せなくなっちゃうぐらい、きれいにはしています。

― 足向けて眠れないレベルのしっかりさんでした…!我が家に来たら猫の毛舞ってるし、怒られそう。

― 特技やなにか興味があるものはありますか?
ochiai野球観戦の雰囲気がすきなので、よく見に行きますね。
好きな球団は巨人とかホークスですが、その場が楽しいのでお誘いがあればどの応援でもしに行きます(笑)

あとは、もう10年ぐらいずっと続けているんですが、ネイルを自分でデザインしてます。
DSC_7823
― プロにやってもらっているんだと思ったら、ご自身作でしたか!
お店に行くと時間もお金もかかるので、セルフでできたらいいなぁと思いつつも、利き手側のデザインが器用にできなくて挫折したんですよ。

ochiai慣れれば簡単ですよ!
ネイリストの資格でも取れば?って言われたこともあるのですが、人に施術するのが苦手で…。なので、自分の手だけで満足しています。

このような回答で大丈夫でしょうか?

― ありがとうございました!
明るくて話しやすい落合さんの真っ直ぐさが素敵なインタビューになりました。
ユーザー対応は信頼の要だと思っているので、真剣に取り組んで下さるサポートの皆様あってのサービスだと思っています。
ありがとうございました。

次回は、個人でも様々な活動をされているデザイナーの藤田さんにインタビューをしてきました!
聞いてみてびっくりするほどアクティブな内容になっています。

それでは、お楽しみに!