03



こんにちは、Diverseで新規事業を担当しているOtakeです。DiverseではYYCやyoubride、AMといった既存事業以外にも新規事業の開発を積極的におこなっています。私が担当している「カフェ・フレ」は今年の6月に正式にローンチ、まだ生まれて間もないサービスですが、今日はこの新サービスの開発秘話?的なお話をさせていただきます。

 

「カフェ・フレ」って何?

「カフェ・フレ」は「カフェフレンド」の略で読んで字のごとく言葉の響きのまま受け止めてもらえたら幸いです♪このアプリは非常にシンプルな「新しい友逹づくり」のキッカケを広げるSNSアプリ。顔写真以外に最大6枚の自己紹介写真で構成されるプロフィールをつくって、異性・同性問わず友逹になりたいなと思う人に「カフェしたいかも♪」のリクエストボタンを押すだけ。

リクエストを受けた側のひとが「フレンドになる」のボタンを押せば「カフェ・フレ」成立。メッセージのやりとりができるようになり、お話をして気が合いそうならお茶しましょうという流れです。
ちょっとユニークな機能として送られたリクエストは開封後「10分以内」に成立しなかった場合消えるというものがあります。
ちょっと残念><ですが消えてしまうのでお互いサッパリということです。

※現在はiOSのみでサービスを提供中

 




どうしてカフェなの?

この辺りは細かな市場調査よりバイブス優先で恐縮ですが、メインターゲットの20代のコミュニケーションの場としてしっくり来るのがカフェのイメージだったからです。
 
「お酒をあまり飲まない」、「まったり好き」等など若い世代のライフスタイルを決め付けるような話はさておき、私の地元の吉祥寺や下北沢、原宿、渋谷、代官山のようなカフェの多いエリアで何年も前から目にするようになったのは恋人や女の子同士だけでなく、男の子どうしでも楽しそうに買った洋服の話をしたり、スウィーツを食べて過ごす姿でした。

カフェという公共性が高く居心地の良い空間を軸にしたリアルなコミュニケーションのキッカケづくりをアプリで提供したい、そんな起点で企画されたのがカフェ・フレです。

 

極力シンプルで直感的なプロダクトを目指して

実際の開発にはイケてるUI・UXデザインで今をときめくデザイン集団「Goodpatch」さんに初期段階からご協力頂きました。バイブス優先のゆるさゆえ、リーンキャンバスの策定もゆるふわな中、一つひとつ要件を整理して進めてもらいました。

そんなゆるふわな着想からはじまったカフェ・フレですがUIデザインの基本的な仕様に関してははじめからこだわりがありました、それは直感的にリクエスト判断できるプロフィールです。
 
  1. 一瞬で興味あるかないか判断できるプロフィールであること
  2. 実際の顔写真が載っていること
     
一瞬で興味あるかないか判断できるプロフィールであることへのこだわりは、誰もが街を歩いている時、電車に乗っている時にする直感的な「チラ見」に由来します。

ひとが全くの他人に興味を持つ瞬間、背が高い、髪が綺麗、服がお洒落、珍しい靴を履いている等なんでも良いのですが、自身の経験的な判断基準で外見が醸し出す印象を非常に短い時間で総合的に捉えます。その行為自体の意味や精度はさておきひとまず「捉えられる」という感覚に注目しました。


02
 
同時に複数のアプリを立ち上げ、ゲームをしながら友人からのLINEやニューストピックスのアラートに反応し、高速にコミュニケーションをおこなうスマートフォンの利用スピードにマッチしたプロフィールのUIを考えた時、どんなに詳しいプロフィールより直感的にセンスを伝えられるものを作りたいと考えていました。

カフェ・フレのメインターゲットは感度の高いカフェ好きな20代。スニーカーのセンス一つで自分との親和性を感じることもできるからです。
 
相手のセンスを瞬時に判断できるプロフィールデザインの制作は大まかなレイアウトはすぐに浮かびましたが、独特のスライド感や変化する色彩が生み出すリズム感などの多くの点で「Goodpatch」のデザイナーの皆さん、なにより代表の土屋さんが煮詰まったこちらの意向をキッチリ好転させてアウトプットしてくれたことで実現する事ができました。

実際の顔写真が載っていることはカフェ・フレをキッカケとしてカフェで話せる友逹をみつけるというプロダクトの基本価値を考えた上で重要なルールでした。当初SNSとしてはハードルが高いのではとの懸念もありましたが、このルールに対するユーザーの反応は驚くべきものでした。

自身の写真はもちろん友逹と海やBBQで遊んだ時の写真、フットサル仲間とのスナップ、女子会の写真など笑顔に溢れて健全で賑やかな写真で溢れました。ここではお見せできないのが残念ですが、ご覧になったことの無い方は是非カフェ・フレをダウンロードしてみてくださいね♪

 

非リアではなくリア充よりの世界観

01


「友逹づくり」というと「寂しいから」と根拠を捉えがちですがカフェ・フレの世界感は非リアではなくリア充よりな世界観を持っています。これはリーンキャンバス上のターゲットでも明確にしています。元来「友逹を増やしたい、新しい価値観に触れたい」という願望に非リアとかリア充といったことは関係が無いからです。

カフェというキーワードを軸に据えた時に一定の感度が生れ現在の世界観が構築されるようローンチ時の戦略を考えました。この辺りのお話と実際のコミュニケーション設計のお話は次回に。
 

Diverseでは既存の事業だけでなく新規事業を立ち上げてみたい方のご応募もお待ちしております♪